建築家のはなし|長江紅美先生

建築家長江先生とのインタビュー風景の写真


「建築家と家を建てる」と聞くと少し敷居が高く聞こえますが
実はとっても一番住まいについて深く考えている家のプロフェッショナル。

一生に一度の家を共に真剣に考える建築家に
R+house東大阪・八尾西のディレクターたちがインタビューさせていただきました。

第2回目は長江先生。
いつも笑顔で建築やお家に対して熱い想いをお持ちの興味深いお話を繰り広げられる先生です。



「建築家と家を建てる」ということ|建築家・長江紅美のタイトルの画像 建築家長江先生とディレクター高見の打ち合わせ風景の画像
建築家長江先生のプロフィールの画像




自分ごとで考えることが大切な道しるべになるの文字の画像

建築家長江先生とディレクター高見の打ち合わせ風景の画像

ディレクター高見(以下職名略)|
家を建てるときに、先生が一番大切にしていることは何ですか?


長江先生(以下敬称略)|
いろんな大切な条件があって、複雑じゃないですか、家って。
なので、最終的にどれを取るかを決めるということを考えますかね。

私は建築家というのは調整するのが仕事と考えています。
条件やご要望が複雑になればなるほど、実際には建築家も迷うんですが、最終的な決め手は「自分ごと」で考えるようにしています。


高見|
例えばどういったことが決め手になりますか?


建築家長江先生の画像 長江|
例えば・・
「自分がそこに住みたいか」とか「自分が心地いいか」みたいなことを
自身に問いかけるようにしています。

これが私にとって大事な道しるべになっている感じです。


高見|
なるほど。そこに、立ち還るんですね。


長江|
そうですね、
結局お施主様がどういった家に住みたいかというのは考えようとしなくても考えちゃうので。

でも結局自信をもって提案できるのは
「自分が最終的にここだったら住みたいな・・」と思える家づくりを重要視しています。





建築家は「整理する人」。選択することが楽しい瞬間の文字の画像

高見|
家づくりをするうえで先生自身が楽しいと思われることやポイントはありますか?


建築家長江先生の画像

建築家長江先生の画像

 長江|
 改めてなんだろうな・・って考えていたのですが、
 結局、建築ってすごく複雑で一筋縄ではいかないものですし、
 人の感情や家族になると様々な取り合いがあるので、
 その諸条件を整理や選択をすることでカタチづくられていくんですよね。

 そう思うと、自分で選んだ一個一個の選択によって出来上がっていくということが楽しいです。
 (うまくひとことで言えないんですが・・・)


 高見|
 お施主様とのお打合せでも優先順位を整理する場合も良くできますもんね。


 長江|
 そうですね、そう考えていくと、建築家とは「整理する人」。
 それが楽しいし、面白みがあると思います。





家は身近だからこそ空間を通しての感動を伝えたいの文字に画像

建築模型の画像

高見|
唐突な質問なんですが、先生が建築家になろうと理由ってあるんですか?


長江|
元々は土木学科(建築工学)にいて、
とくに建築だけするってわけではなかったんですがやってみるととても魅力的で面白かったんですね。

建築ってカッコいいものが建つのはもちろん、身近であるってことに気がついて。
私は岡山の児島が出身地なんですが、そこに安藤忠雄さんが設計した家があるんですよ。
学生時代にそこに行ってどうしても中を見たくて家主さんにお願いして見せてもらったこともあって。笑


高見|
飛び込み・・ってことですよね!すごい行動力ですね笑



建築家長江先生の画像の画像

長江|
よくできましたよね・・笑 今じゃできないですけどね笑
その時に気づいたのが、「建築がいいと絵になる」ということだったんです。
そこから、建築での面白さにはまりました。

とくに建築というのは、
家族の構成から建築の間取りを考えるので「社会というものの映しのなかに家がある」と説かれている本もあるんですが、
かっこいい・素敵で終わらない、自分の身近なものと繋がることが多くて社会とのつながりを感じます。

建築家長江先生の画像

 高見|
 そうなんですね、すごいな~。


 長江|
 そこで、建築にピンと来た感じです。

 最近一周まわって思うことがあって、
 自分が学生時代に安藤忠雄さんの建築をみて「質が違う」と思ったのと同じで、
 こだわりのある質の高い家に住むと「人としての人生が変わる」とか
 「この家で育つ違うだろう」という想いが生まれるんだろうなと思ったんです。

 その私が感じた震える感じ・・・
 震える感動をみんなにも感じてほしくて、伝えたくて、今も日々精進しています。

 高見|
 先生にそんなヒストリーがあったんですね!




大切な瞬間に携わるからこそお互いに知ることが大切の文字の画像

高見|
お施主様とのお打合せではどのようなことを⼤切にされていますか?


長江|
お施主様によっては
すこし遠慮してるな~とか、お互いに遠慮しているな~とか、
微妙なニュアンスをちょっとしたことで感じることもあるので、
自分がどう思っているかを伝えるために、細かく伝えるようにしています。

これは難しいけれど、意図的にやっています。

あとは、言葉の裏で本当はどう思っているかを知りたいと思っています。
ただ、逆にプランをする時は先入観にとらわれてしまわないようにお伝えいただいた内容だけを捉えるのはやめて、一旦ゼロにして考えています。


建築家長江先生とディレクター高見の打ち合わせ風景の画像

高見|
言葉の裏とかニュアンス・・大切ですよね。

少し話変わりますが、
先生とのお打合せで印象的だったのが、
お打合せの時にご自身で書き込んだ図面をお施主様に見せられていたのですが、あれも意図ですか?とてもわかりやすいな~と思っていて。


長江|
あまり意識していなかったんですが、いつもやっています。笑

先ほどもお伝えしたのですが、コミュニケーションが大切だと思って家づくりをしています。
特に言葉や一部分の文字だけでは伝わらないと思っているので、特に大切にしたいです。

住まう人の人となりも知りたいし、
一緒に家づくりに携わらせてもらうので私自身の人となりもわかってもらいたいと思っているので、そこを大切にしたいですね。


高見|
たくさん建築家の方とお仕事させていただきましたが、
先生も含めて建築家さんって汲み取る力すごいですもんね。


長江|
建築を20年ほどやっていると、
いろいろなつまづきもありながら、提案していくと汲み取る力はうまくなるんですよ。

だけど、そうすると自分がどうしたいかわからなくなるときもあります。笑

でもいろいろな方と話していて、冒頭にお伝えした通り、最後は自分を信じるしかないなと感じました。




少し先のライフステージを考えた家づくりについての文字の画像

建築家長江先生と模型の画像

高見|
最後に具体的なお話となりますが、今回のご担当いただいたY邸でのこだわりはございますか?


長江|
今回は敷地条件が厳しかったです。

あと、もちろんご家族みなさまのそれぞれ想いがありますし、
家族の生活スタイルが変わるかもしれないし変わらないかもしれないという不確定要素が多かったこともあって、実はそこもプランする上で難しかったんです。笑

高見|
そうですよね。これから先の未来についてのご要望でしたね。ライフステージが変わるかどうか・・という。


少し先のライフステージを考えた家づくり建築計画の画像

長江|
そうですね・・・まさに、これから増えるご要望でもありますよね。

そんな中でも、一つ考えたのは「シンプル」でした。
特に間取りはシンプルにしたいと考えたのですが、そうすると逆に空間性がなくなる。

そこで動線をつくっていくことで、シンプルな空間構成の中で、
目線や動線を通じてストーリーがある家にしたいと思いました。美術館だとシークエンスといったりもしますね。

それが最終的に空間の彩りになるように心がけています。


高見|
なるほどですね。実際に住んでことで彩りを生み出すという事ですね。

整理しながら、家づくりを進めるといった点ともリンクします。






建物のイラスト入りの線の画像


建築家長江先生とディレクター高見の打ち合わせ風景の画像 今回は建築家・長江紅美先生のインタビューをさせていただきました。
家づくりにおいて住まう方の言葉の奥まで考えながら
熱い想いをもって取り組まれている長江先生の印象がそのまま計画に映されています。




この時、「ところで、高見さんはなんでアパレルから建築に・・」と逆質問をされていました笑。そんな、ユーモアのある楽しい雰囲気に包まれる長江先生。

たくさん素敵なお話お聞かせいただきまして、ありがとうございました!


BACK>
建築家長江先生とのインタビュー風景の写真


「建築家と家を建てる」と聞くと少し敷居が高く聞こえますが
実はとっても一番住まいについて深く考えている家のプロフェッショナル。

一生に一度の家を共に真剣に考える建築家に
R+house東大阪・八尾西のディレクターたちがインタビューさせていただきました。

第2回目は長江先生。
いつも笑顔で建築やお家に対して熱い想いをお持ちの興味深いお話を繰り広げられる先生です。



「建築家と家を建てる」ということ|建築家・長江紅美のタイトルの画像 建築家長江先生とディレクター高見の打ち合わせ風景の画像
建築家長江先生のプロフィールの画像




自分ごとで考えることが大切な道しるべになるの文字の画像

建築家長江先生とディレクター高見の打ち合わせ風景の画像

ディレクター高見(以下職名略)|
家を建てるときに、先生が一番大切にしていることは何ですか?


長江先生(以下敬称略)|
いろんな大切な条件があって、複雑じゃないですか、家って。
なので、最終的にどれを取るかを決めるということを考えますかね。

私は建築家というのは調整するのが仕事と考えています。
条件やご要望が複雑になればなるほど、実際には建築家も迷うんですが、最終的な決め手は「自分ごと」で考えるようにしています。


高見|
例えばどういったことが決め手になりますか?


建築家長江先生の画像

長江|
例えば・・
「自分がそこに住みたいか」とか「自分が心地いいか」みたいなことを自身に問いかけるようにしています。

これが私にとって大事な道しるべになっている感じです。


高見|
なるほど。そこに、立ち還るんですね。


長江|
そうですね、
結局お施主様がどういった家に住みたいかというのは考えようとしなくても考えちゃうので。

でも結局自信をもって提案できるのは
「自分が最終的にここだったら住みたいな・・」と思える家づくりを重要視しています。




建築家は「整理する人」。選択することが楽しい瞬間の文字の画像

高見|
家づくりをするうえで先生自身が楽しいと思われることやポイントはありますか?


建築家長江先生の画像

長江|
改めてなんだろうな・・って考えていたのですが、
結局、建築ってすごく複雑で一筋縄ではいかないものですし、人の感情や家族になると様々な取り合いがあるので、その諸条件を整理や選択をすることでカタチづくられていくんですよね。

そう思うと、自分で選んだ一個一個の選択によって出来上がっていくということが楽しいです。(うまくひとことで言えないんですが・・・)


高見|
お施主様とのお打合せでも優先順位を整理する場合も良くできますもんね。


長江|
そうですね、そう考えていくと、建築家とは「整理する人」。それが楽しいし、面白みがあると思います。




家は身近だからこそ空間を通しての感動を伝えたいの文字に画像

建築模型の画像

高見|
唐突な質問なんですが、先生が建築家になろうと理由ってあるんですか?


長江|
元々は土木学科(建築工学)にいて、
とくに建築だけするってわけではなかったんですがやってみるととても魅力的で面白かったんですね。

建築ってカッコいいものが建つのはもちろん、身近であるってことに気がついて。
私は岡山の児島が出身地なんですが、そこに安藤忠雄さんが設計した家があるんですよ。
学生時代にそこに行ってどうしても中を見たくて家主さんにお願いして見せてもらったこともあって。笑


高見|
飛び込み・・ってことですよね!すごい行動力ですね笑



建築家長江先生の画像の画像

長江|
よくできましたよね・・笑 今じゃできないですけどね笑
その時に気づいたのが、「建築がいいと絵になる」ということだったんです。
そこから、建築での面白さにはまりました。

とくに建築というのは、
家族の構成から建築の間取りを考えるので「社会というものの映しのなかに家がある」と説かれている本もあるんですが、
かっこいい・素敵で終わらない、自分の身近なものと繋がることが多くて社会とのつながりを感じます。

建築家長江先生の画像

高見|
そうなんですね、すごいな~。


長江|
そこで、建築にピンと来た感じです。

最近一周まわって思うことがあって、
自分が学生時代に安藤忠雄さんの建築をみて「質が違う」と思ったのと同じで、こだわりのある質の高い家に住むと「人としての人生が変わる」とか「この家で育つ違うだろう」という想いが生まれるんだろうなと思ったんです。

その私が感じた震える感じ・・・
震える感動をみんなにも感じてほしくて、伝えたくて、今も日々精進しています。

高見|
先生にそんなヒストリーがあったんですね!




大切な瞬間に携わるからこそお互いに知ることが大切の文字の画像

高見|
お施主様とのお打合せではどのようなことを⼤切にされていますか?


長江|
お施主様によっては
すこし遠慮してるな~とか、お互いに遠慮しているな~とか、
微妙なニュアンスをちょっとしたことで感じることもあるので、
自分がどう思っているかを伝えるために、細かく伝えるようにしています。

これは難しいけれど、意図的にやっています。

あとは、言葉の裏で本当はどう思っているかを知りたいと思っています。
ただ、逆にプランをする時は先入観にとらわれてしまわないようにお伝えいただいた内容だけを捉えるのはやめて、一旦ゼロにして考えています。


建築家長江先生とディレクター高見の打ち合わせ風景の画像

高見|
言葉の裏とかニュアンス・・大切ですよね。

少し話変わりますが、
先生とのお打合せで印象的だったのが、
お打合せの時にご自身で書き込んだ図面をお施主様に見せられていたのですが、あれも意図ですか?とてもわかりやすいな~と思っていて。


長江|
あまり意識していなかったんですが、いつもやっています。笑

先ほどもお伝えしたのですが、コミュニケーションが大切だと思って家づくりをしています。
特に言葉や一部分の文字だけでは伝わらないと思っているので、特に大切にしたいです。

住まう人の人となりも知りたいし、
一緒に家づくりに携わらせてもらうので私自身の人となりもわかってもらいたいと思っているので、そこを大切にしたいですね。


建築家長江先生の画像

高見|
たくさん建築家の方とお仕事させていただきましたが、
先生も含めて建築家さんって汲み取る力すごいですもんね。


長江|
建築を20年ほどやっていると、
いろいろなつまづきもありながら、提案していくと汲み取る力はうまくなるんですよ。

だけど、そうすると自分がどうしたいかわからなくなるときもあります。笑

でもいろいろな方と話していて、冒頭にお伝えした通り、最後は自分を信じるしかないなと感じました。




少し先のライフステージを考えた家づくりについての文字の画像

建築家長江先生と模型の画像

高見|
最後に具体的なお話となりますが、今回のご担当いただいたY邸でのこだわりはございますか?


長江|
今回は敷地条件が厳しかったです。

あと、もちろんご家族みなさまのそれぞれ想いがありますし、
家族の生活スタイルが変わるかもしれないし変わらないかもしれないという不確定要素が多かったこともあって、実はそこもプランする上で難しかったんです。笑

高見|
そうですよね。これから先の未来についてのご要望でしたね。ライフステージが変わるかどうか・・という。


少し先のライフステージを考えた家づくり建築計画の画像

長江|
そうですね・・・まさに、これから増えるご要望でもありますよね。

そんな中でも、一つ考えたのは「シンプル」でした。
特に間取りはシンプルにしたいと考えたのですが、そうすると逆に空間性がなくなる。

そこで動線をつくっていくことで、シンプルな空間構成の中で、
目線や動線を通じてストーリーがある家にしたいと思いました。美術館だとシークエンスといったりもしますね。

それが最終的に空間の彩りになるように心がけています。


高見|
なるほどですね。実際に住んでことで彩りを生み出すという事ですね。

整理しながら、家づくりを進めるといった点ともリンクします。






建物のイラスト入りの線の画像


建築家長江先生とディレクター高見の打ち合わせ風景の画像

今回は建築家・長江紅美先生のインタビューをさせていただきました。
家づくりにおいて住まう方の言葉の奥まで考えながら、熱い想いをもって取り組まれている長江先生の印象がそのまま計画に映されています。




この時、「ところで、高見さんはなんでアパレルから建築に・・」と逆質問をされていました笑。そんな、ユーモアのある楽しい雰囲気に包まれる長江先生。

たくさん素敵なお話お聞かせいただきまして、ありがとうございました!


BACK>

建築家のはなし|森田淳平先生

建築家森田先生とのインタビュー風景の写真


「建築家と家を建てる」と聞くと少し敷居が高く聞こえますが
実はとっても一番住まいについて深く考えている家のプロフェッショナル。

一生に一度の家を共に真剣に考える建築家に
R+house東大阪・八尾西のディレクターたちがインタビューさせていただきました。

第1回目は森田淳平先生。
水玉のシャツがトレードマークの模型を愛でながらお話される先生です。



「建築家と家を建てる」ということ|建築家・森田淳平のタイトルの画像 建築家森田先生とディレクター高見の打ち合わせ風景の画像
建築家森田先生のプロフィールの画像




アイデアは降りてくるものではなく深く考えるものの文字の画像

建築家森田先生とディレクター高見の打ち合わせ風景の画像

ディレクター高見(以下職名略)|
家を建てるときに、先生が一番大切にしていることは何ですか?


森田先生(以下敬称略)|
そうですね。
住宅というものは、世の中のたくさんの者が工業製品になっている中で、唯一残された一品生産のものと考えています。
当然、敷地は同じ場所がひとつとして同じものはなく、当然住まわれる方もみんな違いますしね。

大切にしていることは、
敷地の個性と住まうご家族の個性との2つを合わせて、独自のアイデンティティを形づくるか
という点に重きをおいて設計しています。


高見|
なるほど、一点ものという事ですね。
ちなみに素朴な疑問なのですが、先生が家づくりをするうえで楽しいと思われることってありますか?


森田|
一般的な皆さまの建築家のイメージをヒアリングしてその場で、
ばばばっとスケッチを描いてイメージが一瞬で出てくるという思われる方も多いですが、
実際に僕の場合はそうではなくて、ヒアリング時点では逆に具体的なイメージを持たないようにしているんです。


高見|
そうなんですね。じっくりという感じですか?


森田|
自分でもプランを進める中で発見していくことが多いんです。
僕も立体的に模型を作る段階で「あ、こうなるんだ」という感覚で家づくりを楽しんでいます。

と思うと、お施主様と同じ感覚で家づくりをしているかもしれません。笑


建築家森田先生の画像 高見|
そうなんですね!
ちなみにプラン作りはここから考えるとか、組み立てていく順番とかってあるんですか?


森田|
それも、先入観をもたないようにしたいと思っているので決めていません。

どうしても、先入観があると別にあるものに当てはめる作業になってしまうので、
僕はそうならないように心がけています。
基本は敷地条件と案件ごとのプランニングのせめぎあいなのでそこは遵守しながら計画している、という感じですかね。

なのでカタチは物件ごとにバラバラなんです。


高見|
たしかに、型にはまるとお施主様ごとのオリジナリティもなくなりますもんね。





先入観を持たずに本質的なところを理解するの文字の画像

建築家森田先生の画像

高見|
建築家さんによってさまざまだと思うのですが、R+houseではお打合せが3回というルールがある中でどのようなこと大切にされていますか?


森田|
個人的なスタンスとしては《先入観なく話を聞く事》を心がけています。
それと、お施主様のパーソナル的な素敵なところを見つけるようにしています。

また3回というルールがある中で心がけていることは、
お施主様がためらわないように全てお話いただきやすいように心がけています。

というのも、家づくりに関してはカウンセリング的な面もあるので、
会話を通してイメージの共有については、
カタチではなくて本質的な相互理解が大切と感じています。
イメージの共有がそこでできれば出来上がったモノに対しての「なんか、違うよね・・」相違もなくなるので、僕は一番会話を大切にしています。


高見|
たしかにとても細かなところまで伺っておられる印象です。
それは本質的なところの理解のためなんですね。




猫と人が共生する家についての文字に画像

猫と人が共生する家の模型の画像

 高見|
 ここから、具体的なお話となりますが、
 森田先生に設計いただいたK邸の《猫と共生する家》のこだわりについて
 教えていただけますか?


 森田|
 猫ちゃんと暮らすお家は、具体的でない部分でいくと人も猫もパラレル。
 なので、同じスペースの生活者として対等にあつかうようなスタンスで考えています。

 ただ、猫ちゃんと人は生活スタイルが違うので
 そのあたりはどうバランスをとるかをかなり重視しました。

 とくに猫の脱走の防止は検討しましたし、
 逆に人だけで猫が入らないエリアも相互に考えました。




猫と人が共生する家の模型の画像

高見|
脱走。。そうですよね・・

ちなみに外観も斜めだったりとても特徴的なのですが、ひらめきだったりしますか?


森田|
K邸は庭も重要な要素であったので、先ほどもお伝えした猫との共存させる要素を特にこだわって考えていました。

そこから外観からのアイデンティティも重要視して検討しましたね。

ちなみに、斜めの理由はひらめいたわけではなく、考えに考え抜いた結果です。笑

最初は諸条件を考えて「壁で囲うかな・・」と思ったんですが、
個性をいかに出すか?西日の入り方や周辺環境の合理的なシンプルな落としどころを考えたら、この外観になったんですよ。



猫と人が共生する家の模型の画像




住居とアトリエが共存する家についての文字の画像

住居とアトリエが共存する家の模型の画像

 高見|
 次に、設計いただいたO邸の《アトリエのある暮らし》の
 こだわりについて教えていただけますか?


 森田|
 こちらのO様も猫と暮らされているのですが、
 どちらかというとO邸は《アトリエと住宅との関係性》をどうするかを考えました。
 結果としては坪庭を中心としてぐるっと回遊できる動線をつくることで、
 うまく住居部分とアトリエを繋げることができました。

 また、猫ちゃんの風除室的なスペースもポイントになっていて、
 人と猫も共存できる空間も合わせて考えることができました。


 高見|
 話変わりますが、いつも先生が提案される模型が素敵ですよね。


森田|
僕自身が、単純に模型が好きなんですよ。

設計事務所で勤めていた時に模型をバンバン作っているようなところだったので、
CGパースというよりか模型の方がわかりやすいし、視点を合わせやすいので説明しやすかったという経験もあって。

なので模型は結構力をいれていて、
お施主様が模型単体だけで空間のイメージができるように作っている、という意図もあります。



住居とアトリエが共存する家の模型の画像

高見|
・・・すごく個人的な興味での質問なんですが、模型って先生が作られているんですか?


森田|
・・実は妻がつくっています。


高見|
そうなんですか!奥様が作られているんですね!

模型のこういった色合いとかも都度検討されてるんですか?


森田|
そうなんです。
模型のテクニカルなところで話すと、実は色数を減らしています。
その方がお施主様に魅力的にプランを見ていただけるので、あえてそうしています。


住居とアトリエが共存する家の模型の画像

高見|
たしかに、先生の模型はシンプルですが見ごたえがあってわかりやすいです。

外構というか敷地外のところも作られていたりすることもありますがそちらもあえてですか?


森田|
そうですね、外部のイメージは敷地外のところも作りこむ場合が多いです。
それも、お客様により伝わりやすいようにというポイントでつくっています。

模型に関しては、フォルムをとても気にしています。特に屋根の勾配には気を使っていますね。
また、組み合わせ方でも見え方が変わってきちゃうこともあるので、同一面でくっつける違うな・・と思ったりすることもしばしば。
なので、模型やパースでいつも検討しています。




これから家づくりを考えるみなさまへの文字の画像

建築家森田先生の画像

高見|
最後にお施主様が自分たちらしい空間を創り上げる上で、建築家と家づくりをするうえでのポイントなどあれば教えてください。


森田|
そうですね、まずは《ご自分の生活について考えるコト》ですかね。
今の生活はこうだけど、本来はどういう暮らし方をしたいのか?を考えると良いかもしれません。

というのも、敷地や住まう人が変われば、良さが変わってしまいます。
家づくりでも一般論が必ずしもすべての人に対して合うわけではなくて、
自分にとってそれが正しいか、必要なのかを考えることで本質的なところを考えてみることが大切だと考えています。

今はSNSが流通していているので写真イメージがありふれいますが、
イメージを引っ張られてしまいがちなので、自分「らしい」満足のいく家づくりをするには、やはり本質的なところを抽出しておいた方がいいと思います。

例えば、写真イメージの中でどこがどう良いのか?を考えると本質が見えやすいですよ。


高見|
たしかに写真でも光の入り方とかだけでもイメージ変わりますしね。自分の暮らしを見つめ直す・・なるほどです。


森田|
家づくりって建築家は図面を書いたりプランをつくったりしますが、
建築家だけが家を作っているのではないので、お施主様もぜひ、一緒に作っているんだと思っていただくと嬉しいです。

一緒に楽しく良い家づくりしましょう。





猫のイラスト入りの線の画像


建築家森田先生とディレクター高見の打ち合わせ風景の画像 今回は建築家・森田淳平先生のインタビューをさせていただきました。
家づくりにおいてとても真摯に、そして楽しく取り組まれている
やわらかな森田先生の印象がそのまま計画に映されています。




この時、「インタビューは緊張しますね」と笑いながらお話されていたのですが、
とてもやさしい雰囲気に包まれるような森田先生。

たくさん素敵なお話お聞かせいただきまして、ありがとうございました!


NEXT>
建築家森田先生とのインタビュー風景の写真


「建築家と家を建てる」と聞くと少し敷居が高く聞こえますが
実はとっても一番住まいについて深く考えている家のプロフェッショナル。

一生に一度の家を共に真剣に考える建築家にR+house東大阪・八尾西のディレクターたちがインタビューさせていただきました。

第1回目は森田淳平先生。
水玉のシャツがトレードマークの模型を愛でながらお話される先生です。



「建築家と家を建てる」ということ|建築家・森田淳平のタイトルの画像 建築家森田先生とディレクター高見の打ち合わせ風景の画像
建築家森田先生のプロフィールの画像




アイデアは降りてくるものではなく深く考えるものの文字の画像

建築家森田先生とディレクター高見の打ち合わせ風景の画像

ディレクター高見(以下役職略)|
家を建てるときに、先生が一番大切にしていることは何ですか?


森田先生(以下敬称略)|
そうですね。
住宅というものは、世の中のたくさんの者が工業製品になっている中で、唯一残された一品生産のものと考えています。当然、敷地は同じ場所がひとつとして同じものはなく、当然住まわれる方もみんな違いますしね。

大切にしていることは、敷地の個性と住まうご家族の個性との2つを合わせて、独自のアイデンティティを形づくるかという点に重きをおいて設計しています。


高見|
なるほど、一点ものという事ですね。
ちなみに素朴な疑問なのですが、先生が家づくりをするうえで楽しいと思われることってありますか?


森田|
一般的な皆さまの建築家のイメージをヒアリングしてその場で、
ばばばっとスケッチを描いてイメージが一瞬で出てくるという思われる方も多いですが、実際に僕の場合はそうではなくて、ヒアリング時点では逆に具体的なイメージを持たないようにしているんです。


高見|
そうなんですね。じっくりという感じですか?


森田|
自分でもプランを進める中で発見していくことが多いんです。
僕も立体的に模型を作る段階で「あ、こうなるんだ」という感覚で家づくりを楽しんでいます。

と思うと、お施主様と同じ感覚で家づくりをしているかもしれません。笑


建築家森田先生の画像
高見|
そうなんですね!
ちなみにプラン作りはここから考えるとか、組み立てていく順番とかってあるんですか?


森田|
それも、先入観をもたないようにしたいと思っているので決めていません。

どうしても、先入観があると別にあるものに当てはめる作業になってしまうので、僕はそうならないように心がけています。基本は敷地条件と案件ごとのプランニングのせめぎあいなのでそこは遵守しながら計画している、という感じですかね。

なのでカタチは物件ごとにバラバラなんです。


高見|
たしかに、型にはまるとお施主様ごとのオリジナリティもなくなりますもんね。





先入観を持たずに本質的なところを理解するの文字の画像

建築家森田先生の画像

高見|
建築家さんによってさまざまだと思うのですが、R+houseではお打合せが3回というルールがある中でどのようなこと大切にされていますか?


森田|
個人的なスタンスとしては《先入観なく話を聞く事》を心がけています。
それと、お施主様のパーソナル的な素敵なところを見つけるようにしています。

また3回というルールがある中で心がけていることは、お施主様がためらわないように全てお話いただきやすいように心がけています。

というのも、家づくりに関してはカウンセリング的な面もあるので、
会話を通してイメージの共有については、カタチではなくて本質的な相互理解が大切と感じています。
イメージの共有がそこでできれば出来上がったモノに対しての「なんか、違うよね・・」相違もなくなるので、僕は一番会話を大切にしています。


高見|
たしかにとても細かなところまで伺っておられる印象です。
それは本質的なところの理解のためなんですね。




猫と人が共生する家についての文字に画像

猫と人が共生する家の模型の画像

高見|
ここから、具体的なお話となりますが、
森田先生に設計いただいたK邸の《猫と共生する家》のこだわりについて教えていただけますか?


森田|
猫ちゃんと暮らすお家は、具体的でない部分でいくと人も猫もパラレル。
なので、同じスペースの生活者として対等にあつかうようなスタンスで考えています。

ただ、猫ちゃんと人は生活スタイルが違うので
そのあたりはどうバランスをとるかをかなり重視しました。

とくに猫の脱走の防止は検討しましたし、
逆に人だけで猫が入らないエリアも相互に考えました。

猫と人が共生する家の模型の画像

高見|
脱走。。そうですよね・・

ちなみに外観も斜めだったりとても特徴的なのですが、ひらめきだったりしますか?


森田|
K邸は庭も重要な要素であったので、先ほどもお伝えした猫との共存させる要素を特にこだわって考えていました。

そこから外観からのアイデンティティも重要視して検討しましたね。

ちなみに、斜めの理由はひらめいたわけではなく、考えに考え抜いた結果です。笑

最初は諸条件を考えて「壁で囲うかな・・」と思ったんですが、
個性をいかに出すか?西日の入り方や周辺環境の合理的なシンプルな落としどころを考えたら、この外観になったんですよ。

猫と人が共生する家の模型の画像




住居とアトリエが共存する家についての文字の画像

住居とアトリエが共存する家の模型の画像

高見|
次に、設計いただいたO邸の《アトリエのある暮らし》の
こだわりについて教えていただけますか?


森田|
こちらのO様も猫と暮らされているのですが、
どちらかというとO邸は《アトリエと住宅との関係性》をどうするかを考えました。
結果としては坪庭を中心としてぐるっと回遊できる動線をつくることで、うまく住居部分とアトリエを繋げることができました。

また、猫ちゃんの風除室的なスペースもポイントになっていて、人と猫も共存できる空間も合わせて考えることができました。


高見|
話変わりますが、いつも先生が提案される模型が素敵ですよね。


森田|
僕自身が、単純に模型が好きなんですよ。

設計事務所で勤めていた時に模型をバンバン作っているようなところだったので、
CGパースというよりか模型の方がわかりやすいし、視点を合わせやすいので説明しやすかったという経験もあって。

なので模型は結構力をいれていて、
お施主様が模型単体だけで空間のイメージができるように作っている、という意図もあります。


住居とアトリエが共存する家の模型の画像

高見|
・・・すごく個人的な興味での質問なんですが、模型って先生が作られているんですか?


森田|
・・実は妻がつくっています。


高見|
そうなんですか!奥様が作られているんですね!

模型のこういった色合いとかも都度検討されてるんですか?


森田|
そうなんです。
模型のテクニカルなところで話すと、実は色数を減らしています。その方がお施主様に魅力的にプランを見ていただけるので、あえてそうしています。


住居とアトリエが共存する家の模型の画像

高見|
たしかに、先生の模型はシンプルですが見ごたえがあってわかりやすいです。

外構というか敷地外のところも作られていたりすることもありますがそちらもあえてですか?


森田|
そうですね、外部のイメージは敷地外のところも作りこむ場合が多いです。
それも、お客様により伝わりやすいようにというポイントでつくっています。

模型に関しては、フォルムをとても気にしています。特に屋根の勾配には気を使っていますね。
また、組み合わせ方でも見え方が変わってきちゃうこともあるので、同一面でくっつける違うな・・と思ったりすることもしばしば。
なので、模型やパースでいつも検討しています。




これから家づくりを考えるみなさまへの文字の画像

建築家森田先生の画像

高見|
最後にお施主様が自分たちらしい空間を創り上げる上で、建築家と家づくりをするうえでのポイントなどあれば教えてください。


森田|
そうですね、まずは《ご自分の生活について考えるコト》ですかね。
今の生活はこうだけど、本来はどういう暮らし方をしたいのか?を考えると良いかもしれません。

というのも、敷地や住まう人が変われば、良さが変わってしまいます。
家づくりでも一般論が必ずしもすべての人に対して合うわけではなくて、自分にとってそれが正しいか、必要なのかを考えることで本質的なところを考えてみることが大切だと考えています。

今はSNSが流通していているので写真イメージがありふれいますが、イメージを引っ張られてしまいがちなので、自分「らしい」満足のいく家づくりをするには、やはり本質的なところを抽出しておいた方がいいと思います。

例えば、写真イメージの中でどこがどう良いのか?を考えると本質が見えやすいですよ。


高見|
たしかに写真でも光の入り方とかだけでもイメージ変わりますしね。自分の暮らしを見つめ直す・・なるほどです。


森田|
家づくりって建築家は図面を書いたりプランをつくったりしますが、建築家だけが家を作っているのではないので、お施主様もぜひ、一緒に作っているんだと思っていただくと嬉しいです。

一緒に楽しく良い家づくりしましょう。



猫のイラスト入りの線の画像


今回は建築家・森田淳平先生のインタビューをさせていただきました。
家づくりにおいてとても真摯に、そして楽しく取り組まれているやわらかな森田先生の印象がそのまま計画に映されています。


建築家森田先生とディレクター高見の打ち合わせ風景の画像

この時、「インタビューは緊張しますね」と笑いながらお話されていたのですが、
とてもやさしい雰囲気に包まれるような森田先生。

たくさん素敵なお話お聞かせいただきまして、ありがとうございました!


NEXT>
Menu