「ガレージハウス」と「ビルトインガレージ」の具体的な違いとは?

「ガレージハウス」と「ビルトインガレージ」の具体的な違いとは?

「ガレージ」と聞いてどんなものを想像しますか?

実は、ガレージにも多くの種類が存在するのです。

愛する家族を安全に運ぶための車。その保管は、できるだけ良い方法で行いたいものです。そのために住宅の設計時に、ガレージについて検討した経験をお持ちの方は少なくないと思います。

この記事では、ガレージについて検討されている方に役立つ、ガレージの種類と各々のメリット・デメリットを紹介していきます。
https://www.r-graph.jp/cmb/192483df93fe741e6e6065ae649f2d63429a824e.jpg
「ガレージハウス」って何?

「ガレージハウス」とは、車庫が住宅の中に埋め込まれたような形で存在している家を言います。土地が独立したガレージを設けるほど大きくない場合に、よく適用されます。住宅の建設時に設置されるのが一般的です。

メリット
屋根や壁があるガレージハウスは、天候関係なく車を安全に保管することができます。防犯面における機能性も優れています。

デメリット
短所としては、暑さ対策、照明の設置が必要であることが挙げられます。また、家族構成に変化があった時、車の台数が増えた時など予想外のことが起きた場合に対応が難しくなります。
https://www.r-graph.jp/cmb/c15a03f6d66e44e0cbf4c82d241a8760656b2fa1.jpg
「ビルトインガレージ」って何?
「ビルトインガレージ」は、ガレージと住宅が統一された形の駐車スペースのことを指します。「ガレージハウス」の場合と形式は同じです。

両者の違いは、「ビルトインガレージ」は住宅建築後のリフォーム等による後付けの駐車スペースを指し、限られた土地でも設置できるため、土地の有効活用にはもってこいです。

メリット
「ガレージハウス」と同様、天候の影響を受けず、セキュリティ面もしっかりしている点がメリットです。

デメリット
しかし、後付けのスペースであるため、もともとある「居住スペースが狭くなる」ケースもあるため、両空間の均衡に配慮しましょう。

また、ガレージを設けることにより、一階に「空間」を作ることになるので、建物の構造の強度のバランスに気を付けなければなりません。専門業者に依頼し、震災対策などを行ってもらいましょう。

この場合、独立したガレージを建てる時と同様に、種々のコストを避けることができません。経済面からの注意も必要になってきます。
狭い土地に住宅を建築する場合、土地の有効活用は必須で、なおかつその機能性を最高度に発揮する駐車スペースが欲しいですよね。

アールグラフではお客様の生活に沿って、デザインと性能の両方で優れたている住まいを提供いたします。
人生で最も大きな買い物の一つであるため、後悔はしてほしくありません。

少しでも気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

メニュー