糸洲 盛喜 / ディレクター

  • ディレクター糸洲の画像
    | ディレクター

    糸洲 盛喜
    Itosu Moriyoshi

    ・ディレクター
    ・大阪市住吉区出身


  • 自分の家づくりの経験を活かしてご提案いたします



     学生時代はずっとサッカーをしていました。卒業後は、スポーツクラブでの経験を経て住宅業界に入社。
    前職はS造の注文住宅を取り扱う会社に勤めていました。

     住宅に関わる仕事を続けていこうと考えたのは、自分の家を建てたことがひとつのきっかけです。
    将来の事も視野に入れて手に入れた自分自身の家は、あまり細かく考えずに「気に入らなければ住み替えることも検討しよう」などと考えていました。当時は、同じ家に住み続けるというこだわりはなく建てたのですが、住宅業界に入ると後悔することがたくさん。「もっと考えておけばよかった」「知っておけばよかった」と住宅に関する知識を建てる前に持っておくべきだと実感しました。

     前職の経験を活かしながら、もう少し自分の可能性を広げたいという思いと、働くなら自らも心から良いと思える住宅を扱っている会社がいいという想いが強くなり、そんな中出会ったのがアールグラフでした。注文住宅という共通点はあるものの、やはり工法や得意とする部分が違うと性能面やデザイン面で違いが出ます。アールグラフでは木造の住宅を扱っていますが、入社してみてわかったことですが、突き詰めると木造住宅も「ここまで性能が良いものが出来るんだ」というところに驚きを感じています。また、アットホームな会社というのがピッタリなくらい、社内の雰囲気の良さに惹かれたのも、入社したきっかけの一つです。

     私がお客様と関わるうえで大切にしていることは、「お客様目線に共感していきたい」という点です。自身で建てたお家での後悔した経験から、造り手の想いではなく、あくまでも住むのはお客様というところが大きくあり、「住まう人の想い」を一番にしたい、と考えています。自身の失敗から学んだ経験を活かして、お客様にご提案出来るように努めています。



    BACK>
Menu